我が子を英語ペラペラの大人に育てたい! “耳の黄金期” 0~3歳にやるべき英語教育とは?

この記事は約2分で読めます。

Sponsored by ワールド・ファミリー

学校で英単語や英文法を覚えたものの、英会話には自信がないという方も多いのではないでしょうか。

グローバル化が進むこの先、英語は世界とコミュニケーションを取るための必須スキル。

自分の子どもに英語で苦労させずに済む2つのポイントを伝授します!

“耳の黄金期”0~3歳で始めれば、英語の音が聞き取れる耳が育つ!

専門家によると、赤ちゃんが母語となる言語を覚えていくなかで、「言語習得の臨界期は3歳」だと言われています。

人間の耳は普段聞いていない「音」はどんどん聞き取りにくくなってしまうそうで、多くの日本人がヒアリングが苦手な理由も、小さなうちに「英語耳」を育てていないからというのが一因と言われています。

日本人が苦手と言われている、例えば「L」と「R」の音の聞き取りも、この時期ならどんどん吸収しちゃいます。

それほど開始時期は重要なのです!

「2000時間」良質な英語を聞かせることが重要

英語を習得するには約2000時間かかると言われています。

例えば1週間に1時間の英語レッスンだけだと2000時間に達する前に大人になってしまいます!

だからこそ、早いうちから毎日良質な英語をたっぷりと聞かせられる環境づくりがとっても重要なのです。

0~3歳で英語を始めるならディズニー英語システムがぴったり!

赤ちゃんの早期英語教育におすすめなのがディズニー英語システムです。

ディズニー英語システム遊びを通して英語を身につけられる教材で、親子で一緒に音の出るペンとともに絵本で遊んだり、お子さん一人で映像を楽しんだりと、普段の生活のなかに無理なく英語を取り入れられます。

今なら、特賞の豪華特別セットを含む人気賞品が100名様に当たる秋のキャンペーンを実施中!

さらに、抽選に当たってもはずれてもディズニー英語システムの無料サンプル(サンプルCD、サンプルDVD、歌の絵本)をプレゼント!

早速取り寄せて、お子さんと一緒に英語で遊んでみてはいかがでしょうか。

\このキャンペーンは今だけなのでお早めに!/

 

(※)参考「2歳児の語彙発達と母子相互作用」(2007)、「日本人幼児における英語の音韻認識 ― 日本人幼児にふさわしい英語教育について考える ―」(2007)

©Disney
©Disney. Based on the “Winnie the Pooh” works by A.A.Milne and E.H.Shepard.
©Disney/Pixar

会社概要プライバシーポリシーよくあるご質問・お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました