【肝臓のALT値がやや高めだった人必見!】
世界的に注目の肝臓ケア成分配合!カゴメの「スルフォラファン」とは?

この記事は約4分で読めます。

PR:カゴメ

「あれ?前より数値が上がった?」

「ALT値」が上がり、健康診断や人間ドックで「要注意!」と言われた経験がある方もいるのではないでしょうか。

 

「少し数値が上がっただけだし大丈夫」

そう安易に考えている方は要注意です。

なぜなら肝臓は「沈黙の臓器」と言われるほど、少しぐらいの負担では、うんともすんとも言わないほど我慢強い性質を持っています。

鈍感な肝臓だからこそ、早めに対策を始めることが重要なんです。

 

でも、「ALT値」を下げなきゃ!と思っていても、なにから始めたらいいのかわからない、という方も多いもの。

そんな方に朗報です!

世界から注目されている肝臓ケア成分があることをご存知ですか?

なんと24週間摂取し続けた結果、実際にALT値が26.6%も減少することも証明されています。

そもそもなぜALT値が上がってしまうのか、あなたは知っていますか?

ALT値を改善ための肝臓ケアを今すぐチェック>>

肝臓の健康状態をあらわすALT値とは?

血液検査の結果に数値が記載されているALT値。

ALT値の「ALT」とは、肝臓に多く存在する酵素(アラニンアミノトランスフェラーゼ)のこと。タンパク質を分解してアミノ酸をつくる重要な役割があります。

お酒の飲み過ぎや老廃物、ウイルスなどによって肝臓に負担がかかり、肝細胞が壊れることでALTは血液中に流れ出てくるため、その数値が高まります。

具体的にはALT値が31~50U/Lの方は要注意といわれています。

※日本人間ドック学会

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、異変になかなか気付きにくい部位。

年々数値が上がっている人は、放置せずに早めに肝臓のケアを始めることが重要です。

今すぐできる対策はこちら

世界で注目される!肝臓ケアで驚くべき健康成分がある!?

どうやって対策をすればいいの…?という方に、注目してほしいのが、肝臓ケアで世界的に注目されているスルフォラファン1という健康成分。

スルフォラファン※1は、ブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウトに多く含まれる成分。体内に摂り入れることで肝臓の抗酸化力を向上させ、肝細胞の破壊を防ぎます。

その結果、肝臓からALTが漏れ出る量を少なくさせ、ALT値を下げてくれるんです!

アメリカでは「20世紀の100の発見の1つ」と賞賛されたほどのすごい成分!

しかし、野菜からスルフォラファン※1を摂取するには毎日大量のブロッコリーやブロッコリースプラウトを食べ続けなければいけません。

(出典:河出書房新書 大澤俊彦著より  ISBN978-4-309-50262-5)

毎日この量を食べ続けるなんて、現実的じゃないですよね…。

スルフォラファン※1を簡単に摂れる機能性表示食品を今すぐチェック>>

※1スルフォラファンは食品中ではスルフォラファングルコシノレート(SGS)として存在し、体内で分解されることでスルフォラファンに変わります。

カゴメが肝臓ケアの機能性表示食品を独自開発!

そこで、カゴメは手軽にスルフォラファン※1を摂取できるよう研究を重ね、ついに肝臓の健康状態を示す一つであるALT値を改善する機能性表示食品を開発したんです!

それがサプリメントの「スルフォラファン」

この「スルフォラファン」は標準値よりやや上がってしまったALT値を低下させる機能を持つ科学的な根拠のある機能性表示食品。実は、スルフォラファン※1を成分とした機能性表示食品はこれが日本初

※2018年11月30日提出

1日1回3粒目安で、ブロッコリーおよそ1株分相当のスルフォラファン※1(24~50㎎※2)を毎日手軽に摂取できるんです。

※2スルフォラファングルコシノレートとして

そんな注目の機能性表示食品「スルフォラファン」は、なんと初回は通常価格の半額2,143円(税抜)でお試しできます。約1か月分で1日あたりたったの69円です!

 

「肝臓ケアが気になるけど、忙しくてなかなか取り組めない」
「生活習慣を見直しても、毎日心掛けるのは難しい」

という方におすすめの「スルフォラファン」。

肝臓の健康状態が気になる方は、ぜひ「スルフォラファン」の公式サイトを今すぐチェックしてみてください!

※1スルフォラファンは食品中ではスルフォラファングルコシノレート(SGS)として存在し、体内で分解されることでスルフォラファンに変わります。

いまから始める肝臓ケア「スルフォラファン」のお試しはこちら>>

プライバシーポリシー・会社概要/特定商取引に基づく表記

タイトルとURLをコピーしました